FC2ブログ

サッカー関係のバカネタ収集サイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアニストとサッカー選手という仕事が1人の人間にできる仕事だとは考えにくいですが、実際にそれを成し遂げた人物がいたというから驚きです。

彼の名はエリシャ・アバス(Elisha Abas)氏。4歳でピアノの才能を認められて11歳の時にはカーネギー・ホールで演奏をする機会に恵まれますが、14歳のときに神経症と診断され一度ピアノから離れます。

その後サッカーに興味を持ちイスラエルのハポエル・アクレでDFとしてプレーし、今は再度ピアニストとして活動中、2007/11/03には再度カーネギー・ホールで演奏する機会を得て、実に24年ぶりのカーネギー・ホールだそうです。

ご本人の公式サイト『Elisha Abas The Official Website』のListenで ラフマニノフのPrelude in G-Minor, Op. 23 No. 5、リストのLes Funerailles、ショパンのMazurka Op. 7, No. 1 in B-Flat Majorの3曲のさわりを聴く事ができるのですが、どう聴いても我々が思い描くような無骨な元サッカー選手の演奏とは思えません。

これはさすがに「神は二物を与えた」としか言い様がありませんね。

ちなみにこの記事の元ネタは『ピアニストからサッカー選手に転身し、引退後再びピアニストになったイスラエル人』です。より細かく調べた記事になっているので興味を持った方はどうぞ。

>> 続きを読む
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

サッカーネタの漫才です。おそらくサッカー好き以外にはまるで理解出来ない展開にw

序盤お客さんが完璧に置いていかれてて寒ーい空気になってるけど、最後の方とかジワジワきたwww



今後ミッコリの名前を聞く度にニヤニヤしてしまいそうですw


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 裏planet b., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。